2012年12月17日

プロフィット ふで de まんねん

セーラー万年筆の代表作、プロフィットの名を冠した万年筆。
DSC09727.JPG

万年筆なのに筆ペンのようなタッチで文字の書けるから『ふでdeまんねん』。
最大の特徴はこの折れ曲がったペン先。
DSC09723.JPG

この折れ曲がったペン先のおかげで太文字から細文字までこれ一本で書けます。
まぁこんな感じ。どんな感じかは下の動画で確認してくださいね。…続きを読む


posted by なかのかみてん at 19:22| Comment(0) | 商品のご紹介> 万年筆 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月15日

パイロット/Vペン

毛細管現象で染み出てくるインクを使って文字を書くペンを万年筆というならば、
この210円のパイロットVペンも立派な万年筆です。

DSC09026.jpg

これぞ究極のお手軽万年筆(^^)



posted by なかのかみてん at 18:40| Comment(0) | 商品のご紹介> 万年筆 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

プラチナ万年筆/プレジール

プラチナ万年筆より発売中のプレジール、
最大の特徴がペン先です。

PGB-1000_56_500.jpg

数か月使わずに放っておくとペン先でインクが固まり、
書こうと思っても書けない、なんてことはよくあります。
その点、プレジールは「1年間使用しなくても、さらっと書き出せる」のが売り。

本体もアルミボディーで軽くて滑らかな手触り
そしてメタリックなボディーカラー。

一本1050円という価格だし普段使いならこれで十分、というか…

英語で万年筆は「fountain pen」、直訳すれば「泉のペン」
泉のようにインクが染み出てくる構造上、ボールペンのようなインク詰まりもなく
思った以上に書きやすいのです。

高い万年筆はペン先が金を使っていたり。
そんな関係で数万円するんですが、確かに金ペン先の万年筆は
ペン先が柔軟性があって柔らかく、トメ、ハネがきっちり書ける、
使い続ければ自分の筆圧になじんできます。

それに比べれば今回紹介した万年筆はステンレスペン先。
正直硬いペン先感は否めません。

それでも泉のように染み出てくるインクで筆記する万年筆は
書くときのストレスフリーな感覚はどの筆記具にも負けません。
それより、最近流行のサラサラ書けるいわゆる低粘度ボールペンは
結局万年筆の書き心地を目指してるのじゃないか、と思ったりします。

お手頃価格の万年筆を普段使いにしませんか?
お手頃価格の万年筆を一本ペンケースに入れておきませんか?


--------------------------------------

プラチナ万年筆 プレジール
税込定価:1050円
● ペン先 ステンレス
● ペンポイント 細・中
● 寸法 全長142.5mm×最大径15.0mm
● 標準重量 15.4g

☆お店にサンプルがありますので、書き心地を試していただけます。

s_toiawase.jpg s_tuuhan.jpg s_gokounyuu.jpg


posted by なかのかみてん at 13:04| Comment(0) | 商品のご紹介> 万年筆 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。